fc2ブログ

一時支援金の登録確認機関の登録完了しました

more...

スポンサーサイト



長いことほったらかしにしていました。

ホームページを立ちあげていながら、ながらく更新を行っていませんでした。
たちあげるのはいいのですが、内容を新たにしていかないと、せっかくのホームページがむしろマイナスになってしまいます。

事務局内部も昨年のお盆休みに床暖房にして、断熱もおこないました。
これはすべて組合員のヤマソーインテリア・サービスが行ってくれました。
組合員なので、色々と好き勝手なことを言わせていただきました。
でも今回の確定申告時期を過ごして、これまでのエアコン暖房を全く利用しないで、非常に快適に過ごすことが出来ました。
ガス代も安いし、職員一同非常に感謝しております。
とにかく乾燥しないこと、足元が暖かいことが有難いです。

初めてコンサルを受けました。

以前から、事務局職員の意識を前向きに変えたいと、「負け犬根性をもつな」、「自分で自分に言い訳をするな」、「自分の殻に閉じこもるな」、「自信を持って自分の言葉で説明しろ」、「自分を偉くみせようとするな」とか言い続けたり、他の方法をやってみたりしましたが、なかなかうまくいかず、具体的にどうしたらいいかというアイデアも思いつかなくなっていました。

そんなところにある組合員がコンサルを受けたところ、それまで後ろ向きだった従業員達が前向きな発言をするようになって喜んでいるということを聴き、それなら組合事務局でもやってみたらと思い、早速その先生を紹介してもらったところ、意見もあったので、思い切ってお願いしてしまいました。そして今日がその初日です。

現在、事務局職員がコンサルを受けているところですが、どんな感じでしようか?

仕事場で各人の考え方や人生観について、あれこれ言われるということは、あまり気分のいいことではないかもしれません。でも、いい仕事をしてもらいたいと願うと、実際に仕事をする職員の人生観や生き方がネガティブだと、絶対にいい仕事はできないのではないでしようか?仕事場は毎日の大半を過ごす場所であり、その仕事場が面白くない、あるいは生活のために仕方なく我慢していると感じているようなら、それはやはり不幸なことだと思います。
でも、仕事場が楽しいと感じるようになるには、やはり自分自身の存在が周りから認められ、自分の意見が通るようでないと難しいと思います。要は要領ではなく本当の実力をつけないといけないということだと思います。

その為には、毎日色々な「気づき」があって、ポジティブな刺激を受け続けることが大事だと思いますが、自分で自分を諦めていると、どうしても言い訳ばかりになってしまって、ポジティブにはなれないものです。
そこをなんとか、考え方を変えてもらって、いい方向にもっていってもらえないかというのが、今一番願っていることです。確かに専門的知識は大事ですが、それよりも「いい考え方」を身につける方がよっぽど効率的だと思います。

今回の試みがどういうことになるか解りませんが、少しでも各人のプラスになってもらえれば、そして「いい考え方」になるきっかけになってもらえればと思います。可能性がゼロなら最初からこんなトライはしませんが、可能背がほんの少しでもあるなら、それに対してできる範囲の投資はしなければならないと考えています。
「人間の人生はほんの一瞬で変わる」と真剣に考えているので、可能性がある限り、色々なことを試してみたいと思います。

正々堂々と生きたい!

確定申告時期だったので、組合員から税金に関する意見をもらったり、たまたま税務や労務に関する説明会の講師に呼ばれたので、その席で質問を受けたりすると、節税をしたいとか、もっと税金が安くならないかとか、挙句の果ては日本の税金は海外に比べて高いとか、言われる方が非常に多いです。

はじめな、まぁそうですね程度で聞き流しているのですが、具体的な意見をひつこく求められると、どうしても本音で答えてしまいます。いいことだとは思わないですが、本音なんで仕方がないので、聴かれた方は気を悪くしているかもしれません。申し訳ないです。

どの様にこたえてしまうかと言うと、節税、節税というなら、その前提条件として、税法を理解することが必要だと思いますが、ほとんどの方は、自分は専門じゃないからわからないとかの言い訳をして、真正面から法律と向き合おうとせず、(自分と同じ正確な知識のない)周りの人(経営者、実力のない税理士や会計士等)の意見なり実務なりを聴いて、あそこはうまくやっているからうちもしたいとか、儲かってないのになぜ税金を払わなければならないのかと、わめき散らしているのが現状だと思います。節税というのは、事業の実態と税法に従って税金を支払うことで合法なことです。従って節税はするのではなく、ちきんと税法通りに納税すると結果的に節税をしたことになっているんです。みなさんが言っている内容は、無知からくる「たわごと」にすぎないこと。税法とまともに向き合わない方々は、税法を理解しないので、節税はおろか脱税さえできないのが実情で、この事実は認識してもらわなければならないといったことです。

 ただこれは一般の納税者に当てはまることだけではなく、税務署の署員にも言えることで、彼らも全くと言っていいほど税法を理解していないので、税務署が来たら税金を取られると一般に言われているのは、税務調査という「かつあげ」にあっているんで、「かつあげ」から身を守るのは、自分自身がしっかりしなければならないことを強く認識してもらいたいと思います。

 また日本の税金は高いという人もいますが、具体的に何を根拠に言っているのでしようか?法人税率のことなのか、所得税率のことなのか、それとも地方税も含めた実効税率のことなのでしようか、それとも消費税、源泉税?海外には消費税はないですよ。よく似た税金(ヨーロッパなら付加価値税、アメリカなら売上税等)はありますが、制度も税率も違うので、どうやって比較するんでしようか?これらも、マスコミとか周りの人が言っているからそう思っているだけで、きちんと相手を説得するような根拠はないものです。海外の方が本当に税金が安いなら、日本人を捨てて税金の安いところに移住すればいいことで、日本人を捨てられないなら、ぐずぐず泣き言を言うな!ということです。

もっと言えば、税金が高いから誤魔化さないと払えないと思っている方も、きちんと決算書を作って税法の特例等を使えるところは使って申告すると、決して高いものではないはずです。高いと感じるのは、いったん自分の懐に入ったお金を、まとまった額で一気に払わなければならないからそう感じるだけで、これが毎月天引きされていれば、その感覚は相当変わってくるはずです。

結局何が言いたいかというと、自分の責任で行動しろということです。負け犬根性、乞食根性それに無責任な大人があまりにも多すぎる。日本人として、正々堂々と生きてみませんか?

確定申告終わりました。

今年も今日で一つのイベントの確定申告終わりました。事務局内部では、これを年間の一大イベントと捉えないように言ってはいますが、やはり1年間でこの時期にしかお会いしない方々もいるし、お金にかかわることで神経も使うし、数もあるし、いくら毎年のことだから、この一ヶ月で飯を食っているんだという意識を捨てて、何食わず顔で、平然とやり過ごそうといっても、なかなか難しいことは事実です。

今年も色々ありましたが、無事に終了したみたいで、今午後5時半ですが、もう事務局はほぼ空になっています。
仕事の質を上げて、時間を少なくするのが理想的だと思うので、そんな理想に向けて頑張っていきたいと思います。

少し体調を崩しかけている者もいますが、今日はゆっくり休んで、また明日から、当たり前のことを当たり前にやっていきたいと思います。

お疲れ様でした。
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード